専業主婦の方のキャッシング即日について

専業主婦の方のキャッシング即日について

専業主婦の方はキャッシングをする際、収入がゼロな事から煩わしいという事は多くの人がご存知かと思います。専業主婦のキャッシングについて解説します。

1.専業主婦は貸金業者の方総量規制の例外
専業主婦の人は年収がゼロですから、総量規制もゼロとして銀行系を除く金融業者は審査をしなければいけません。ただし、そのままでは使い勝手が悪いので総量規制の例外として、夫婦合算の年収で3分の1まで借入を認められています。

2.大手消費者金融は例外を使って審査はしない
せっかく総量規制の例外があるのですが、大手消費者金融三社は何処も専業主婦の方への貸出をしていません。 なぜかというと、夫の借入金額をウォッチしなければいけない、委任状を徴求しなければいけない、旦那に内緒で借りるなどトラブルが多い等手間が非常にかかる割に、借入額は20万円程度と大きく貸付れないので、手間に見合う収益を得る事が出来ない為です。

3.大手消費者金融より銀行カードローンの方が審査に通る可能性
銀行カードローンには銀行法が対象になる為、消費者金融の様に煩わしい総量規制に縛られていません。 通常の審査では、銀行カードローンよりも、大手消費者金融の方が審査が緩いのですが、先に挙げた理由により、専業主婦の方の借入は銀行カードローンの方が緩くなるといった特徴が見られる様です。

4.中小消費者金融も検討に
中小消費者金融の顧客基盤は脆弱で、流れてくる顧客は既に貸付余力が無い事が多い為、上記であげた様な手間を嫌がらず、貸付をしてくれる事があります。銀行カードローンに断られた場合は、中小消費者金融に申し込んでみるのも一つの手です(ヤミ金に申し込まない様に、貸金業登録番号の確認をして下さい。)

5.配偶者に内緒で借りるのは難しい
貸金業協会のホームページには、専業主婦の方が借入を行う場合は配偶者の委任状が必要と明記されています。これは法律という訳ではなく、業界間のルールで、中小消費者金融の中には省略してくれる業者もいますが、厳密にいうと守らなければいけません。銀行カードローンの審査に通らなかった時は傷口が広がらない内に諦める事が賢いやり方でしょう。

ルールを守って適切なキャッシングをして下さい。

密接に関係している金利と申し込み条件の厳しさ

消費者金融のキャッシングサービスは、その他のローン、借入サービスに比べると、比較的審査に通りやすいという特徴があります。例えばある大手銀行のフリーローンでは、年収400万円以上という条件が付けられていますし、別の大手銀行のカードローンでは、パートやアルバイトは不可とされています。正社員であることや、年収がある程度高いことを条件にされてしまうと、門前払いになる人がたくさんいます。

貸すほうとしては、そういう相手にお金を貸すほうが安心でしょう。年収がそれなりにあって、正社員で働いているなら、借りたお金を踏み倒すような心配はほとんどありません。安心できる相手だからこそ低金利でまとまったお金を貸せるという理屈です。こういった厳しい条件が付けられているローンは、金利が1桁台、中には3%程度のものもあります。金利を低くしても、確実に返済が期待できる相手に貸すため、利益を確保できるというわけです。

逆に言えば、申し込み条件が緩いキャッシングは金利も高いということです。大手消費者金融のキャッシングを見てみると、ほとんどが上限18%になっています。18%というのは、10万以上100万未満の融資において利息制限法で定められた上限です。10万円未満は利息制限法では20%が上限金利になっていますが、消費者金融が融資する金額は大体10万円以上です。つまり、法律で定められた金利の一番高い設定にしているということです。

その代わり、正社員であることや年収の高さを条件にしている大手消費者金融はありません。パートやアルバイトでも申し込みができ、もちろん年収100万円程度の人でも門前払いはしていません。そして、金利が高いキャッシングは審査も早いという特徴があります。大手消費者金融はほとんどが即日融資に対応しており、急いでいる人に最適です。

もちろんお金を借りるにあたって金利はとても大切ですので、厳しい審査でも充分に通過できそうなスコアの高い人は、金利の低いサービスに申し込むほうが良いでしょう。年収が低い人、正社員ではない人、その日のうちにお金を手にしたい人は、金利は高いが魅力も多い消費者金融のキャッシングをおすすめします。

ダメもとの申し込みはほどほどに

キャッシングの申し込みをする時は、誰もが金利の低いところを選びたくなるものです。金利が高ければ同じお金を借りてもたくさんの返済をしなければならない、というのは誰でも分かるので、0.1%でも低いほうが良いに決まっています。中には、かなり審査が厳しそうだがダメもとで申し込んでみよう、ダメなら別のところにしよう、と考える人もいることでしょう。

確かにまずは金利の低いところ、それがダメなら金利が高くても審査がそれほど厳しくなさそうなところを選ぶのもひとつの方法です。金利が低いほど審査が厳しい傾向にありますので、1つ審査に落ちたからといって、次も落ちるとは限りません。

ただ、何度も審査落ちすると、それだけで信用情報を傷つけてしまう恐れがあります。信用情報は、延滞や債務整理の経験がなければ大丈夫だと思っている人が多いですが、実は申し込みをしたという実績も記載されます。

申し込みをしただけで、契約には至らなかったという場合にも記録が残るということは、当然何度も申し込みをしたことも分かります。短期間に何度も申し込みをしていると、何度も審査落ちしたことが容易に想像できますから、信用力を落とすことになりかねません。

申し込んだだけで信用力が落ちるなんて納得できない、と思うかもしれませんが、周囲にそんな人がいたらどう思うか想像していただけると分かりやすいでしょう。手当たり次第に知り合いにお金の無心をしている人がいたら、きっと信用できないと思うのではないでしょうか。それと同じです。

金利が低いカードローンは、たとえ申し込み条件が緩くても、審査は厳しく行われます。正社員で年収400万円以上、特に他社からの借入はなく、過去に金融事故も起こしていないという人なら申し込む価値は充分にあります。

しかし、アルバイトであったり、正社員でも勤続年数が短かったりすると、審査に落ちることも考えられます。ダメもとは1回くらいにしておいて、1度でも審査に落ちたらもう少し条件の緩いキャッシングに申し込むようにしましょう。

キャッシング 指定信用情報機関の違いによる審査の当落

キャッシングの指定信用情報機関は日本においてCIC、JICC、KSCの三社ありますが、指定信用情報機関の情報の違いやどの会社が何処の指定信用情報機関の会員になっているか把握している人は少ない気がします。この2点について解説します。

1.指定信用情報機関の情報の違い
指定信用情報機関は金融機関があなたの信用情報を記録する機関ですが、全て同じ情報かというとそうではありません。一番の違いは、JICCには他の二社の様に3ヶ月未満の金融事故とされない小規模延滞を記録する項目が無いことです。

延滞していた分の支払いを行うだけで、情報は上書きされてしまい消えてしまいます。つまり、JICCにしか加盟していない業者は小規模延滞の記録を把握することは出来ないことになります。

2.業態により加盟している指定信用情報機関が違う
指定信用情報機関への加盟の判断は義務付けられている訳ではありませんので、業態によって違いがあります。 三社全ての指定信用情報機関に加盟しているのは銀行カードローンで、KSCの持つ住宅ローンの情報迄も把握され、審査に利用されています。銀行カードローンの審査が厳しい事には理由があるのです。

大手消費者金融やクレジットカード会社は、CICとJICCの二社に加入しています。 ところが、中小消費者金融は資金力が乏しく、会費等のコスト節減の観点からJICCにしか加盟していないところが多く見られます。

3.中小消費者金融は利用状態悪くても審査に通る
JICCは小規模延滞などの利用状態を記録する項目が無いと最初の項で書きました。利用状態は銀行カードローンや大手消費者金融でも、2から3個位の小規模延滞が確認できれば審査に重大なマイナスの影響を与えます。

つまり、利用状態が悪い人は例えその債務を完済していても、CICとKSCに加盟している銀行カードローン、クレジットカード会社、大手消費者金融の審査では落ちることが多々ありますが、JICCにしか加盟していない中小消費者金融の審査には通過する事になります。

利用状態が悪いと自覚のある人は、中小消費者金融を狙ってみると活路が開かれるかもしれませんので、検討してみてください。