薬剤師バイトの新たな可能性│一般企業への就職・転職

薬剤師バイト → 薬剤師バイト│一般企業で資格を活かそう!

薬剤師バイト│一般企業で資格を活かそう!

薬剤師の資格を取得しても、薬剤師として就職することはなく一般企業へ転職するかたが多くなってきました。一般企業といっても全く関係のない会社ではなく、衣料品や化粧品などを取り扱う企業、つまり品質管理部門です。
アルバイト薬剤師

この傾向は、薬剤師免許では安定した収入が得られなくなっているためと見受けられます。薬剤師が薬局などに就職や転職をする場合、即戦力として望まれることが多く、またそうでなければ転職は難しい時代になってきました。

しかし薬学部では人気の学部であることから、入学希望者は一般の学部よりも数十倍になります。そのため、先を見通す生徒の中には、この人数で薬剤師の職業を取り合うことの予想から一般企業へ転職へと目を向けるのです。

さて、薬剤師の資格は一般企業にとってどのように役に立っているのでしょう。品質管理部門は薬剤師資格がある方にとって、転職率が高い場所です。その名の通り、自社製品の品質を管理するなど、薬事に関わる仕事内容です。

内勤だけではなく、他部門とのやり取りがあることから、知識だけでは仕事になりません。知識だけに囚われず経験を活かす応用力も必要になってきます。チャレンジ精神が強い方や、将来のスキルアップのために、また幅広い知識を蓄えたいと思っているかたにとってはもってこいの仕事でしょう。

薬品を扱う会社では、薬剤師の知識を活かすことができますが、しかしその知識を有効活用できないところもあります。ただ薬剤師免許は、それだけで評価されます。薬剤師の資格が活かされなくても、視野が広がることは確かです。

むしろどうやって薬剤師の知識を活かそうかと考えることの方が大事ではないでしょうか。また企業側も、会社のためだけでなく人材を育成するためにもその努力を欲しています。

すでに薬剤師は飽和に近い状態になっており、資格取得だけでは心もとない時代です。薬剤師の資格が活かせない職場でも、次の転職の土台になるよう経験を積み上げるときが来ているのです。

新薬に向けて薬剤師の転職

もし薬剤師の資格をお持ちの方が、薬に関して突き詰めるのなら研究・開発への道もあります。新薬を作るための研究・開発はまず目的となる病気や症状に効果的な成分を発見することから始まります。

しかしせっかくその成分を発見や合成で作りだせたとしても、治験で副作用が確認されたりすることもあります。その場合、一から研究のやり直しです。新薬として世の中に出る可能性はおよそ6000分の1と言われています。それほど新薬ひとつを出すにしても気の遠くなるような時間と労力がかかるのです。

しかし研究や開発を止めてしまうことはできません。治療を待っている患者さんがいるのです。新しい病気や症状に対して新薬が開発されているとは限りません。例えばインスリンの薬は数種類出ています。これは効果の持続時間や、効果が表れるまでの時間がそれぞれ違っており、患者さんに合わせて処方されるようです。

すでにあるがんに対しての治療薬でも、さらに効果的な治療薬の開発を進めているものもあります。それは既存の薬では効果が薄い患者さんにとっては希望の光でしょう。ですから新薬開発とは絶え間なく行われているのです。

薬の研究や開発には時間がかかります。さらに世の中に出すためには治験を経なければなりません。つまり新薬として出るにはかなりの時間がかかることになります。

研究・開発に関わる薬剤師は、薬局やドラッグストアなどで必要なコミュニケーション能力よりも、こつこつと成果を積み上げ、長期的な取り組みを行える継続力、そしてさまざまなものに興味を持ち探究心やひらめきが必要となります。もちろん薬学に関する知識が土台に存在して、この職務を遂行できます。

さて、研究開発に関わる薬剤師の年収についてですが、500万から1000万と幅広くなっています。これは製薬会社の研究力によっても違います。

もし転職を考えているのなら、新薬開発に関して熱心な企業が将来性あるのではないでしょうか。それは研究開発費を見ればだいたいの判断ができます。もしくはその会社の専門分野が自分の関わりたい分野であるかも見極めが大切です。